人生には、何をやってもうまくゆかず、苦労ばかりしているように感じられ
るときがあります。そうした不遇な境遇を逆境といいますが、たしかに、いか
にも苦しくて辛いものというイメージです。
    歴史上の人物たちを見ても、逆境を人生の転機にして大きな成功を勝ち取っ
ていったという話はいっぱいあります。

 たとえば、大作曲家のベートーヴェンは32歳のときに耳が聞こえなくなると
いう、音楽家に脫髮成因とって致命的な不幸に見舞われたことはみなさんもご存知で
しょう。
 さすがにベートーヴェンも、このときばかりは深い絶望の淵へ追いやられた。
ついには自殺を決意し、二人の弟に遺書を書いたほどです。
 それほどの逆境を乗り越えたからこそ、その後の25年間に、みなさんもよく
知っている 「英雄」 や 「運命」 「田園」 「第九(歓喜の歌)」 など、数々
の感動的な名曲を生み出せたのだと思います。

 作家の安岡章太郎さんは、若い時代に難病にかかって死と向き合ったとき、
激痛に堪えながら枕元の原稿用紙に向かってマス目を一つひとつ埋めること
に没頭したそうです。すると不思議なことにそれまでならきっと思いつかなか
ったような物語の筋が浮かんできたというのです。
 結果としてそれが出世作英語大使推廣計劃になり、大作家といわれるまでになったわけです
から、逆境もまた成功の母といえるでしょう。

 そうは言っても 「わたしはそんな偉大な人物とは違うから」 と言いたくな
るかもしれません。でも、その考え方は間違ってます。彼らに共通しているの
は、「自分なんかダメだ。」 と言いたくなるほどの逆境にあっても、自分の価
値(ねうち)を見失わなかったことです。

 ヘレン?ケラーという、未曾有のハンディキャップを抱えながらも慈善事業家
として世界的に活躍した女性がいます。
 
 彼女は2歳のときに熱病にかかり、かろうじて一命はとりとめたものの、聴
力と視力を失い、話すことさえできなくなりましたbb車推介 。そのような三重苦を見事に
のりこえて世界の人々に希望を与え族けたのです。
 彼女がこういう言葉を残してくれています。

 「結局、人間は努力です。努力することによって開発されぬ何物もありません」

 そして、

 「希望は人を成功にに導く信仰です。 希望がなければ、何事も成就することは
ありません」

 みなさん、どんな障害に直面しても、自分を卑下したり、投げやりにならない
でください。
 自分の値打ちを下げず、希望をもって前進していけば、必ず道は拓かれてい
くのです。
 彼女はそのことを身をもって示してくれています。
創作者介紹

fsefsetfre的部落格

fsefsetfre 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()